2010年01月22日

「捜査が進めば小沢氏が判断」=説明に期待−鳩山首相(時事通信)

 鳩山由紀夫首相は15日夜、小沢一郎民主党幹事長の資金管理団体による土地購入をめぐる事件に関し「捜査が進めばしかるべきところで小沢幹事長自身が判断するのではないかと思う」と述べ、捜査状況などを見極めた上で説明を尽くすことに期待を示した。首相官邸で記者団の質問に答えた。 

【関連ニュース】
【特集】話題騒然 ファーストレディー
「大政翼賛会」は続かない〜民主・渡部元衆院副議長インタビュー〜
「小沢独裁」は作られた虚像〜民主・輿石参院会長〜
労組への配慮で公務員制度改革「封印」の危機
民主党と財務省の「一体化度」を検証する

首相「偽装献金事件、決着した」…衆院代表質問(読売新聞)
バンクーバー五輪 にぎわうリンク 早くも祭典ムード(毎日新聞)
センター追試972人に(時事通信)
「普天間」争点に一騎打ちへ=沖縄・名護市長選、17日告示(時事通信)
戦没者遺骨収集シンポに1000人 「国が動かぬなら国民運動を」(産経新聞)
posted by サカモト ショウタロウ at 19:06| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日韓外相会談 北朝鮮問題で連携を確認へ(産経新聞)

 岡田克也外相は16日午前、来日中の韓国の柳明桓外交通商相と、都内のホテルで会談した。北朝鮮問題では核、ミサイル開発や日本人拉致などに対して、米国を加えた3カ国が緊密に連携し対処していく方針と、北朝鮮に6カ国協議への復帰を強く求めることを改めて確認する見通しだ。

 両国間関係では、岡田氏は18日召集の通常国会に法案を提出する方針の永住外国人への地方参政権(選挙権)付与に関して説明、経済連携協定(EPA)締結交渉についても取り上げるとみられる。首脳同士が年1回程度相互訪問する「シャトル外交」の一環として、李明博大統領の来日時期についても調整する。

 岡田氏はさらに、地球温暖化対策やアフガニスタン・パキスタン支援などで韓国側の協力を求める意向だ。

【関連記事】
北朝鮮の平和協定案に慎重 岡田外相
北朝鮮入国に“横ヤリ”の大臣、過去にもマラドーナ拒否
ハニートラップも?小沢訪中団を狙う中国の危険な“ワナ”
鳩山首相、小沢氏は「二度と出てこないような政治家」
冷静装う米、普天間の深追い避けたが…外相会談の思惑は

作家の海堂さんに賠償命令=ブログで名誉棄損−東京地裁(時事通信)
預貯金感覚で「ギフト」ゲット…「株主優待」魅力ある分リスクに注意(産経新聞)
野党、「対検察共闘」発言を批判=菅氏は首相かばう(時事通信)
「忘れていた」「銀行驚く」=石川議員、不自然な供述−小沢氏団体事件(時事通信)
外務省官房長に木寺氏(時事通信)
posted by サカモト ショウタロウ at 08:47| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。