2010年03月06日

<宝塚音楽学校>第96期生38人、紋付きはかま姿で卒業式(毎日新聞)

 兵庫県宝塚市の宝塚音楽学校で1日午前、第96期生の卒業式があった。タカラジェンヌを目指し、2年間にわたって歌やダンスの練習に励んできた38人は、黒の紋付きに濃緑色のはかま姿で式典に臨んだ。卒業生総代に選ばれたのは、則松亜海(のりまつ・あみ)さん=芸名・夢華(ゆめか)あみ。卒業生は、4月16日に宝塚大劇場(同市)で開幕する月組公演「THE SCARLET PIMPERNEL(スカーレットピンパーネル)」で初舞台を踏む予定となっている。【山田奈緒】

【関連ニュース】
宝塚歌劇団:雪組トップ娘役の愛原実花さん、9月に退団
宝塚歌劇団:雪組トップの水夏希さん退団へ
瀬奈じゅん:退団後初インタビュー「いまはタカラジェンヌじゃない私を探してる」 WOWOW
ニッポン号:世界一周の軌跡(19)当時の先端メディアが熱気伝達
宝塚歌劇団:花組トップ娘役に蘭乃はなさん

週1回、記者会見を開放=事前登録で参加認める−行政刷新相(時事通信)
マダムシンコ会長宅に空き巣=貴金属など3億円被害−大阪(時事通信)
<阿久根市長>元係長への賃金支払い命令…鹿児島地裁(毎日新聞)
火災 団地の1室全焼2人死亡  山梨・南アルプス(毎日新聞)
地方選善戦も自民隠し 「風」生かせぬ執行部(産経新聞)
posted by サカモト ショウタロウ at 14:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月04日

<津波>海面が1メートルも上下 三重県大紀町の漁港(毎日新聞)

 南米チリの大地震により、東海地方の沿岸部にも津波警報が発令され、愛知、三重両県の計8万9460世帯に避難指示・勧告が出された。約3400人が公民館などに避難し、鉄道などの運転中止もあったが、津波は予想より低く夜には安堵(あんど)が広がった。一方、大津波警報が出された青森、岩手、宮城県では、住民は緊迫した様子で避難所に急ぎ、浸水被害も各地で起きた。チリの大地震は発生翌日、地球のほぼ反対側にある日本を津波警戒一色にした。

 「50年前の津波は早朝だった。叫び声で目覚め、玄関の扉を開けたら水が入ってきて、高台に逃げるのがやっと。今回は被害が出ないように祈った」

 1960年のチリ地震津波を体験した三重県尾鷲市の元職員、桑原保さん(73)は避難先の公民館で、当時の記憶をたどりながら不安そうに話した。

 尾鷲市は60年津波で23戸が全半壊したり流出する被害を受けている。この日は市内全域に避難指示・勧告を出し、238人が高台の公民館や学校に避難。尾鷲漁協は漁の中止を決め、一部の船を沖に移した。午後5時5分、同市の沿岸部で60センチの津波を観測したが、混乱はなかった。

 尾鷲市から北東約30キロにある同県大紀町錦の漁港では、津波で海面が約1メートル上下した。午後4時10分ごろ、海面が濁って渦が巻き、海底が見えるほど潮が引いた。同じくチリ地震津波を知る西村一美さん(77)は避難してきた町立錦中学校で「あの時も海底が見えた。今回もチリで地震と聞いてすぐに逃げてきた」と話した。

 三重県内では南伊勢町の礫(さざら)浦と阿曽浦地区でハマチやタイの養殖いかだ計7基が流され、同町神津佐(こんさ)の町道が浸水したが、目立った被害はなかった。

 愛知県内でも夕方になり、津波が観測された。名古屋港では午後2時から21カ所ある防潮扉を次々に閉じ、扉内への立ち入りを禁止した。同港管理組合(名古屋市港区)によると、防潮扉は59年の伊勢湾台風を教訓に設置され、台風襲来に備え閉じられることが多いが、津波警戒では初めての措置という。

 市は広報車などで扉の外に出るよう知らせるとともに、扉中にある名古屋港水族館を午後2時半で閉館。中にいた約3000人を防潮扉の外に誘導した。

 午後1時半で入館をストップしたため、家族4人で来た同市名東区の会社員、長屋誠司さん(35)は入館できずにUターン。建物の外で「安全優先だから仕方ないですね」と話した。入館はできたが、ほとんど見られなかったという静岡市の佐久間祐子さん(30)は「午後いっぱい楽しもうと思っていたのに」と残念そうだった。【七見憲一、木村文彦、秋山信一、高橋恵子】

【関連ニュース】
大津波・津波警報:鉄道24路線、東名高速などに影響
大津波・津波警報:岩手県・久慈港で90センチ観測
大津波・津波警報:北海道・根室市で30センチを観測
大津波・津波警報:JR北海道管内で特急など84本運休
大津波・津波警報:三陸沿岸など 午後、最大3メートル

<自民党>リストラ圧力に 経団連の献金関与中止(毎日新聞)
<敦賀原発>1号機の6年間運転延長了承へ 福井県知事ら(毎日新聞)
「カラ期間」、広報さらに徹底=年金回復者と面会−長妻厚労相(時事通信)
<国会>自民、苦肉の審議復帰 民主「政治とカネ」置き去り(毎日新聞)
<ゴールドディスク大賞>洋楽はビートルズ 邦楽は「嵐」(毎日新聞)
posted by サカモト ショウタロウ at 03:18| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月03日

<小1男児殺害>母親が起訴内容認める 福岡地裁で初公判(毎日新聞)

 福岡市西区で08年9月に起きた小1男児殺害事件で、殺人罪に問われた母親の富石薫被告(36)の初公判が3日、福岡地裁(松下潔裁判長)で始まった。被告は起訴内容を全面的に認めた。検察側は「発達障害の息子の暴言・暴力に対する憤まんを爆発させて絞殺した」と動機を述べた。一方、弁護側は「事件当時は心神喪失か心神耗弱状態だった」として、刑事責任能力などを争う姿勢を示した。

 検察側は冒頭陳述で「被告の病気(筋繊維痛症)と息子の病気が事件の背景にある」と指摘。そのうえで「犯行前に(殺害現場となった公衆便所の)便座から起き上がるのを手伝ってもらった際、息子から『くそばばあ、病気のママなんていらん。はやく死んでしまえ』とののしられ、憤まんを爆発させた」と述べた。

 また、責任能力については▽犯行後に遺体を隠した▽息子のGPS機能付きの携帯電話を雑木林に捨て第三者の犯行に見せかけた−−などの隠ぺい工作を指摘し「完全責任能力があった」と主張した。

 一方、弁護側は被告の病歴を詳細に明かし「事件当時は、服用していた抗うつ剤の副作用があった」として「心神喪失か心神耗弱状態で、無罪か刑を減軽すべきだ」と主張した。

 起訴状によると、被告は08年9月18日、西区の小戸公園のトイレで、長男弘輝君(当時6歳)の首をビニールホースで絞めて殺害したとされる。【和田武士、金秀蓮】

 ◇筋繊維痛症と診断

 富石被告は06年、全身に痛みが走る難病「筋繊維痛症」と診断された。また、事件から約1カ月半前の08年8月には適応障害などと診断され、抗うつ剤を処方された。それから約1カ月。被告は服用量を変えるなどしながら飲み続けたが、9月9日に服薬自殺を図り、その9日後に事件は起きた。【和田武士】

強盗殺人事件で男に無罪判決=無期求刑、弁護側主張認める−大分地裁(時事通信)
普天間、県内移設を拒否=沖縄知事が示唆(時事通信)
スノボ男子大回転・野藤 母楽しみ「メダルかじらせてくれる」(産経新聞)
固定資産税など過徴収、5347万円返還へ 大阪・四條畷市(産経新聞)
五輪複合 3選手育てたスポーツ少年団長…秋田から応援(毎日新聞)
posted by サカモト ショウタロウ at 13:23| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。