2010年05月27日

口蹄疫ワクチン接種開始 国内初、対象は16万頭(産経新聞)

 口蹄(こうてい)疫拡大で、政府の現地対策本部と宮崎県は22日、発生農家から半径10キロ圏内の牛や豚全頭へのワクチン接種を開始した。農林水産省によると、接種対象は総数で16万頭程度。ワクチン使用は国内初で、接種後は全頭を殺処分する。

 ワクチンは感染を完全には防げないが、政府は症状を抑えることで拡大のペースを遅らせ、殺処分を進める方針。県によると、獣医師らによる27チームが作業に当たった。豚約2万頭に優先して接種し、殺処分する。

 また、宮崎県は22日、県家畜改良事業団(同県高鍋町)から避難させた種牛6頭のうち感染疑いが確認された1頭が、6頭の中で精液の供給量が最も多いエース「忠富士」と明らかにした。県は忠富士を殺処分に、残り5頭を約1週間、経過観察とする。

 本来、疑い例と同じ場所で飼育中の牛や豚はすべて処分することになっているが、県は「宮崎牛ブランドを支える種牛を守るため」として例外措置を決めた。

 残り5頭も今後発症するなどして殺処分となった場合、宮崎県は計55頭いた種牛すべてを失うことになり、宮崎牛ブランドは大きな打撃を受ける。「松阪牛」で知られる三重県など子牛の出荷先への影響も必至だ。

 宮崎県によると、19日と20日に忠富士から採取した検体が陽性となった。県の発表によると、忠富士を含め、県内12カ所で牛と豚が新たに感染疑いとなり、被害地域は西都市と木城町を合わせ2市5町に拡大。発生農場などでの処分対象は計約13万3千頭に上る。

【関連:口蹄疫】
農水相発言で迷走、遅れた接種
20万頭ワクチン接種始まる
種牛エースも殺処分へ
避難の種牛1頭が感染の疑い
口蹄疫で家畜処分 時価評価額で全額補償へ
中国が優等生路線に?

<窃盗>家電製品盗み中国籍3人逮捕 被害総額1000万円(毎日新聞)
三原じゅん子「しんちゃまファン」告白(スポーツ報知)
<月の探査計画>5年後にロボットで着手 政府懇談会(毎日新聞)
京極夏彦さん 新刊小説「死ねばいいのに」を電子書籍化(毎日新聞)
三原じゅん子「しんちゃまファン」告白(スポーツ報知)
posted by サカモト ショウタロウ at 11:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。